固定レート配当型暗合通貨のICOに乗っかって権利収入を得ませんか?

今そこかしこで盛り上がっているICO(Initial coin offering)

簡単に言うと「暗号通貨の発行によるクラウドファンディング」の事で、要するに、新しい暗号通貨を発行する際に行われる資金調達手段のこと。

既にスタートしていますが、とても興味深い暗合通貨のICOがありますのでご紹介します。

 

 

固定レート配当型暗合通貨ICO

これは、もともとインドの銀行口座を持てない低所得層の底上げして貧富の差を縮める事を目的として進んでいたプロジェクトが拡大、ASEAN地域まで対象を拡げることで更に大きな効果を生むべく新たに名称も変更し発行する事になりました。

また、イーサリアムトークン(ERC20)を使ったクラウドセールを行うことも検討しているようで、近日発表があるようです。

 

これだけ有象無象のコインが出ているので、嘘のスキームで資金を集めた詐欺まがいも多数あったのも事実です。

アセットタイプのコインやトークンで配当が出るものも多数ありますので、参考にされてもいいかもしれないですね。GEMZなども有名ですね。

 

リスクとして考えられるのは、価格をプレセールから引き揚げて、市場公開した結果、蓋を開けてみれば流通がないという事がひとつ。

これは、実際の予定していた配当が払いだされた後であれば、この配当目的だけでも結構な動きがあるんじゃないかと考えています。

 

そしてふたつめは、配当に関してですが、FXトレードシステムでの運用を行いますが、わたし自身実際に稼動している所を確認しており、そのロジックも拝聴しました。

そしてこのトレードシステム自体に投資をして配当を得ている方々もいらっしゃることから現実味は十分あると判断したので皆さんへご紹介しています。

 

このICOについて詳細をお知りになりたい方は、LINE@にご登録後、メッセージを下さい。

 

 

 

購入レートは、購入額に応じて上がっていきますので、もしご検討される場合は、お早めにどうぞ。

 

時価総額はそこまで高くならないのでそれほどのインパクトはないかもしれませんが、コインマーケットキャップへの掲載予定もあります。

 

 

特徴:

  1. 固定レートの暗合通貨であり、保有者には毎月3~7%の配当が支払われる。
  2. 人工知能搭載FXトレードシステムにてトレード運用されその利益が配当される。
  3. 固定レートの優位性:
    ・安定した送金通貨、決済通貨としてのニーズ
    ・変動型の降下相場の避難先としてのニーズ
    ・資産運用としてのニーズ

 

例えば、本日時点、8月17日時点でプレセールにて購入された場合、市場公開価格の40%にて購入可能です。

という事は、10月25日時点で、2.5倍の価格で市場に公開されます。

その、公開価格に対して3~7%の配当が出るという事は、7.5~17.5%の利率で毎月配当が得られるようになるという事ですね。

 

もちろん、わたしもこのICOには全力で乗っかっています。

理由は一次情報がとれているから。

このウェブサイトの名前ビットサーファーの名前負けしないように、皆さんが波に乗れるようにサポートしていきます。

 

このICOについて詳細をお知りになりたい方は、LINE@にご登録後、メッセージを下さい。

 

 

このICOバブルも今年一杯だと思います。

その波に乗れるように全力でアンテナを張って情報をとり、ご自身でそのリスクとリターンを天秤に掛けてみて、ぜひご判断して頂ければと思います。

 

「投資は自己責任である」投資案件について様々なリスク、コストや特性などをご理解した上で、是非ご判断、ご決断を行うようにしてください。

ABOUTこの記事をかいた人

ビットサーファー

複数の法人代表&役員やってます。暗号通貨ビットコインに興味を持ち、暗号通貨投資、海外都市開発事業、未上場企業への投資等々分散投資を実践。HYIPで消耗するのはもう辞めて資産&家族の笑顔を増やしましょう!今一押しのヘッジファンド等LINE@でしか流さない情報あります→ https://goo.gl/X9aTWU